学校生活

MENUMENUを閉じる

卒業生の声

Yさん横浜市立 金沢中学校 出身

合格工学院大学(工学部 機械工学科)

2年次からクリエイティブコースに進んだことで授業時間が増え、最初は勉強と部活の両立が思うようにできず苦戦しましたが、学習方法や部活動の練習内容を見直し、時間の使い方を工夫することで、陸上競技を続けながら志望大学に合格することができました。
私には「陸上スパイクを開発する」という夢があり、「こんなシューズやスパイクがほしい」という思いから材料力学に興味を持ち、専門的な学びができる大学を志望しました。面接や志望理由書でその思いをどのように伝えるか、担任の先生にご指導いただき、自分の考えを整理し、自信を持って受験に臨むことができたと思います。

Nさん横浜市立 中川西中学校 出身

合格日本大学(経済学部 経済学科)
ほか合格実績、
専修大学(経済学部 現代経済学科)

横浜学園在学中は、英語検定の取得に力を入れました。学校でのスキマ時間も活用しながら基礎的な英単語を覚え、リスニングも含めて10年分の過去問を解いて対策を行いました。長文読解や2次試験の対策では、先生に丁寧にご指導いただき、3年の1学期には2級を取得することができました。私の志望した大学では英語外部検定利用入試を行っており、英検2級取得が有利になるので、その分、英語以外の受験科目に集中して勉強することができました。
「勉強したつもり」になって終わってしまわないようにきちんと理解することを心がけ、横浜学園で日々努力を積み重ねたことが、志望大学合格につながりました。

Kさん横浜市立 あざみ野中学校 出身

合格駒澤大学(法学部 政治学科)

横浜学園での授業は、受験の基礎となるような学びが多く、毎日の授業を一つひとつしっかりと理解することを意識しました。
3年生の春から受験勉強を始め、夏頃まではとにかく基礎を確実に身につけるために繰り返し問題を解きました。受験勉強に対してモチベーションを維持することが大変な時もありましたが、友達や先生方に応援してもらったことが心の支えになったと思います。
高校の3年間は中学とは違う楽しさがあり、将来希望する職業に近づく第一歩だと思います。
横浜学園には、自分のやりたいことや目標を決めて一歩ずつ実現できるような環境が整っています。

Yさん横浜市立 中川西中学校 出身

合格専修大学(経済学部 生活環境経済学科)

横浜学園での3年間を振り返ると、楽しい思い出がたくさん思い出されます。中でも1年の時の浜学祭は、クラスで割り箸で作った鉄砲を使ったゲームを企画しました。
自分たちで考え、やりとげることで、自分の成長を実感できるような機会や環境が横浜学園にはあります。
大学で経済を学びたいという目標があり、第1志望の大学合格に向け特に英語検定をはじめとする英語学習に取り組みました。
中学で学んだ単語と文法の徹底的な総復習をし、英語検定2次試験の対策では先生に親身に協力していただいたことが大変心強く、勉強に集中することができました。

Kさん横浜市立 新田中学校 出身

(株)円企画所属 声優・舞台女優

横浜学園での生活にはたくさんの思い出がありますが、志望する声優の専門学校に指定校推薦で行けることを知った時、先生がまるで自分のことのように喜んでくださったことが今でも強く記憶に残っています。
また、外国語の選択授業では韓国語を選択しましたが、先生の勧めで出場した神奈川県韓国語コンテストで準優勝することができ、自分の実力を知り、自信を持つことができました。
プロの俳優になるという夢を実現させた今は、さらなる目標として韓国語の翻訳家になるために新たな挑戦をしています。私にとって横浜学園は、かけがえのない人生の出発点となりました。

Hさん横浜市立 城郷中学校 出身

Peach Aviation 株式会社 客室乗務員

2年次から専攻するコースでは自分の磨きたい分野に特化して学ぶことができ、私は苦手意識が強かった英語科目に特に力を入れて勉強に励みました。
授業が終わった後のアフターフォローもあるので、疑問点をそのままにせず、学んだことを着実に身につけることができる環境です。
私は今、幼少期からの憧れだった客室乗務員の仕事に就いています。国内線・国際線と幅広く乗務しており、日々やりがいを感じています。
みなさんの中には、まだ自分のやりたいことが決められず進路に迷っている方もいると思います。横浜学園で、自分の進みたい道を見つけてください。