横浜学園高等学校

警報が出たときの注意

自然災害時における対応について

本校では自然災害で「警報」が発令された場合、原則として以下のように対応します。

【授業の再開】

  1. 午前6時の時点で、次の警報が1つでも発令されている場合
    「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」   →自宅待機
    「大雨警報」「洪水警報」
  2. 午前9時の時点で、上記の警報が発令継続中の場合
    ①「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」が1つでも発令されている場合 → 臨時休校
    ②「大雨警報」「洪水警報」の両方が発令されている場合 → 臨時休校
    ③「大雨警報」「洪水警報」の1つが発令されている場合 → 4時限目より授業【11:30登校】

※上記対応に変更あるときは、メール配信、ホームページにて連絡します。

※臨時休校となった場合には、外出せず自宅学習を行ってください。

※授業が行われる状況でも、交通機関や道路状況などによって、登校に危険や非常に困難を生じる場合は、生徒の安全確保を最優先に考え対処されるようお願いいたします。その場合は、その旨を必ず学校へ連絡してください。


【注意事項】

※朝6時現在の気象情報確認
→朝6時の天気予報・ニュース・インターネット・NTT天気予報177(有料)等で確認。

※朝6時以前に自宅を出る生徒の場合
→警報が出ると予想される場合には、6時まで自宅で待機し、警報の有無を確認して判断して下さい。

警報の種類  特別警報・大雨・洪水・暴風・暴風雪・大雪のいずれかに限定 波浪・高潮は除きます。
発令地域  神奈川県東部地域(横浜)に限定
警報が出たときの注意