1. トップページ
  2. Q&A

Q&A

入試編

Q1

推薦入試の合格基準はどのようなものですか。

特進コースは作文と面接、普通コースは面接があります。作文の趣旨は「大学受験を志すものとして高校生活をどう過ごすか」ということで論旨が一貫していることが肝要です。

Q2

面接はどのような方法ですか。

特進コース、普通コースともに、面接は本人のみ約5分です。きちんと受け答えができ、きちんとした身だしなみで臨むことが求められます。

Q3

国語の出題傾向を教えてください。

文学作品や評論文などの長文解釈が中心となります。加えて漢字・語句・慣用表現・文法・文学史などの設問が入ります。

Q4

英語の出題傾向を教えてください。

リスニングテストが30%、筆記テストが70%。主な内容としては基本的な単語と文法、長文読解が中心です。

Q5

数学の出題傾向を教えてください。

基礎計算が40%。その他は応用を含む文章題となっています。教科書の例題をしっかりやっておきましょう。

学校生活編

Q1

奨学金制度は利用できますか?

利用できる奨学金について、4月に説明会があります。昨年度の例では「神奈川県高等学校奨学金」「横浜市高等学校奨学金」「日本学生支援機構奨学金」「あしなが育英会」など。このほか各学年に1名、成績優秀者を対象とした「田沼奨学金」も設けられています。また、私立高等学校生徒学費補助金(県が入学金及び授業料の一部を補助)や、平成22年度から始まった就学支援金等があります。

Q2

学食はありますか?

食堂はありませんが、売店が併設された多目的スペース「フレカンテ・ププリエ」で食べ物や飲み物を購入したり、飲食もできます。

Q3

服装や髪型、アルバイトなどの規制はありますか?

高校生として良識ある生活を送るために服装、髪型、化粧、アルバイトなどに関して決まりがあります。アルバイトは届け出により認められた場合に許可されます。

Q4

学校生活で困ったときに相談することはできますか?

本校では「カウンセリングルーム」を開室しています。カウンセリングはすべて予約制で、希望するときは担任かカウンセラー、保健室の先生に申し出てください。専門のカウンセラー(臨床心理士)は週2日在室しており、保護者の方も利用することができます。

▲ページ上部

横浜学園高等学校

〒235-0021 神奈川県横浜市磯子区岡村2-4-1 TEL:045-751-6941 FAX:045-761-7956